行政書士の通信講座で、直前の特訓ができると評判の教材

行政書士の通信講座も、年間のスケジュールが決まっていることが多いですね。
これはそれぞれの行政書士の通信講座の評判のよしあしに関係なく見つかる特徴でもあります。

それは、カリキュラムを進めるスケジュールをつくる必要があることが理由ですが、それだけではありません。
特に最近は、通信講座の場合も学校と同様に、行政書士の本試験が近づいてくるにつれて
当初から申し込んであったカリキュラム以外のコースも受けられるようになっているようです。

試験直前ともなると、臨時で申し込める講座を使って実践な勉強をすることも
よい方法ですし、行政書士の通信講座の中には評判のよいオプション系講座も増えています。

これはやはり、行政書士試験が迫ってくると基本的な通信講座の講義(それの評判が悪くないとしても)だけでは
受験者にとってじゅうぶんではなくなってくることあるためでしょう。
そして受講者にとっても、予定通りカリキュラムをこなせるとは限らないですし、
あるいはうまくいっていたとしてもその分もっと歯ごたえのある講習を受けたいと思うことだってあるでしょう。

行政書士の通信講座各社は、評判のいい試験直前向けのオプション系科目に力を入れているようでもあります。
それは、普段は通信講座を使わない人にとっても単発の科目なら得ですし、行政書士試験の直前なら、評判のいい
それらの講座を受けて実力のアップを図ろうという気分になることも多いからですね。

そこで、行政書士試験までもうまもなくという時期におすすめの、評判の優れている通信講座、臨時で気軽に
申し込めるような講座を厳選したので、ご紹介します。

直前対策におすすめの通信講座

■フォーサイト

フォーサイトの「直前対策講座」は、試験が目前に迫ってきた頃に苦手科目があるときに、迅速にその対応が
できるカリキュラムです。特に苦手科目に上げる受験者が多い科目を中心に構成されていて、多くの受験者が
直前での苦手科目克服を目指せます。そして本試験での出題も意識された内容に仕上げられています。
各科目1万円と、極めてリーズナブルな価格になっていることも魅力です。

■東京法経学院

東京法経学院の「重要科目ポイント講座」は毎年、その年の試験を目標として、試験範囲の中で特に
重要性の高い点を科目ごとに盛り込んで、必須知識の整理と戦力の底上げを目指せます。
重要事項の確認にも、正確に解答をする力の強化にも使えます。

行政書士の通信講座で、短期合格を狙えると評判の教材

行政書士の通信講座は、数がとにかく増えたため、自然淘汰のプロセスを経て自然と評判のいい講座が
残っているような兆しもあります。

どんな特徴が、いい評判に結びついているのかはその行政書士の通信講座しだいなところもあるのですが、
行政書士の通信講座の評判の中にはときどき「期間をかけなくても合格することができた!」
といった声が混ざっていますね。それも毎年の合格者の歓声の中には必ず一定量混ざっています。

行政書士の通信講座の中には、本当に「短期間での合格を目指せるコース」が存在しますし、評判のいいものの中には、その実現度も悪くないものが確かに多いようです。

行政書士の試験は年に1回ですから、どんな勉強法でも勉強計画は長くて1年ですね。
しかし難しい試験ですから、ほんの数ヶ月では合格は簡単にはできません。

とはいえ、いつ行政書士の試験受験を志すかはバラバラですし、タイミングによっては
試験の日までたっぷりとした勉強時間がとれないこともあります。
通常の行政書士の通信講座は、基礎からはじめて試験対策まですべての分量を調節しながら盛り込むのですが、
希望者によってはそれを全部やっている時間がありません。

そこで、最小限の勉強時間で首尾よく合格まで持っていけるようなカリキュラムも需要がありますよね。
短期でのスピード合格も夢ではない行政書士の通信講座の評判は、やはり高くなる傾向があるのですが、
どんな行政書士の通信講座がその意味でいい評判を勝ち得ているか、見てみてください。

短期合格を狙えるおすすめの通信講座

■フォーサイト

フォーサイトの「基礎講座」と「過去問講座」は、効率よく必要な知識を短期間で身につけることを
実践するほか、本試験での問題の傾向や、その解き方についてピンポイントで身につけられるように
つくられていて、セットにすることで何重もの効果を味わえます。

■クレアール

クレアールの「スピードマスターA・Bコース」は、合格に必要な知識の吸収と、本番の行政書士の試験で
上手に解答用紙を埋めていけるような力を獲得することを中心にしているカリキュラムです。

■エル・エー

エル・エーの「スピード合格コース」は、満点を目指すのではなく確実に合格ラインを超えることを目標に、
50数回の講義だけで合格を目指せるように組まれています(50数回というとけっこうな長時間に
思えるかもしれませんが、あっという間に過ぎていくのが実情です!)。

行政書士の通信講座で、費用が格安でいい教材

行政書士の通信講座の比較をするときに、絶対に忘れてはいけない要素、それは費用のことでしょうね。

通信講座のメリットのひとつは、学校に行く勉強方法と比べてお金がかからないことです。
しかし費用の体系は各社の行政書士通信講座間でだいぶ違います。中にはどこかの学校とたいして変わらない費用を
徴収されてしまうことまであります。できれば、費用の捻出は抑えたいものですよね。

もちろん、費用はかからなければいいというものではないですね。安すぎる場合、安い経費でつくられている教材を
買わされることになる恐れは(業者次第だが)ありますし、それでは申し込む意味がないでしょう。
「費用が安めなのに、しっかりしたカリキュラムになっている行政書士の通信講座」を
探して申し込むことがいちばんです。

ただし、ただ費用の安さだけを目的にして行政書士の通信講座を検索しても、特定の科目だけの講座の紹介に
行き着いてしまう可能性があることに注意しましょう。
また、行政書士の通信講座もただの教科書や問題集くらいしかない講座(「資料型」等と呼ばれることも)なら費用も
安くなりますが、この場合は安さ相応の効果しか期待できません。長続きする勉強法にはつながりにくいのです。

このページでは、
「行政書士の試験範囲をひと通りカバーしている講座であること」
「紙媒体のテキストのほかに映像のテキストも一緒に入っている講座であること」
を条件に、費用のかからない行政書士の通信講座をご紹介しておきます。

費用対効果の良いおすすめの通信講座

■フォーサイト

CDのコースの場合3万円と少しくらいの費用、DVDのコースの場合でもその金額に1万円足したくらいの
費用で手に入れることができ、手はじめに通信講座にトライしたい場合でも、気軽に試しやすくなっています。
行政書士の通信講座としては、
「教科書や参考書のような、教材が本だけでつくられているコース」と同じくらいの費用設定に
なっていますが、安さに似合わない内容になっていることに驚きの声が多数寄せられています。

■ユーキャン

DVD講義がなくテキスト中心の学習になります。6万円くらいの予算範囲内で購入できるため、
費用面では以前から人気のある行政書士の通信講座です。分割払いも選べる利点があり、
数千円単位での支払いでもOKなことが、予算の乏しい学生等の受講者の人気の的です。

■キャリアカレッジジャパン

ユーキャンと同様に、6万円くらいの予算で間に合う金額になっているほか、分割払いもできます。
DVDが10枚以上のほか、CDも問題集として1枚くっついてきますから、飽きずに勉強ができることも
特色ですね。

行政書士の通信講座のテキストの読みやすさの違い

行政書士の通信講座はまずテキストで決まるといっても過言ではありません。

どこの通信講座も、独自のテキストを用意していることが普通です。
もちろんそれ以外の行政書士の通信講座もありますが、その場合でも何かしらのテキストを指定していることがほとんどです。
(つまり、どこかの出版社が出しているような既存のテキストを指定するという意味です)。
あるいは、インターネット上から自由にダウンロードできるようになっている例も増えています。

これらのテキストは、一概に比較をするわけにはいきません。
個人個人で、どんなテキストを気に入るかはバラバラで、
行政書士の通信講座の意識調査を行ってもテキストの好みは千差万別だからです。

ただし、なかなかよくできていると評価できる行政書士の通信講座のテキストでも、
決定的な問題をはらんでいることがあります。それは、読みやすさが足りない場合です。

通信講座だけの話ではなのですが、行政書士のテキストは、勉強量が半端なく多いこともあって
自然に分厚く、さらに冊数が多くなりがちです。
それだけでも多くの受講者には負担ですが、テキストを開いたときに読みづらくなっていては非常に困りものです。
よく読めばわかりやすいとしても、読む気が失せるようでは話になりません。

そこで、このページでは読みやすさ、本を開いている間に目が字を追いかける意欲を掻き立てるようになっているか、
という要点から、行政書士の通信講座テキストを比較して上位に入ってきた講座をご紹介しましょう。

おすすめの通信講座のテキスト

■フォーサイト

行政書士の通信講座の中では珍しいことに、基本として使われるテキストはフルカラーで刷られています。
単調になりがちな自宅での勉強に刺激が宿るのが最大のメリットです。図版やイラストもかなり多く
(もちろんカラフルに)挿入されているため要所を覚えていく作業が楽になります。

■クレアール 二色刷り

オリジナルテキストを中心に勉強していきますが、文章も図表もともに二色刷りとなっているため
モノクロの単調なテキストを使っている通信講座よりも、行政書士の勉強中に「読みにくくて頭に入らない」
ということを避けられるのがメリットです。

■日本マンパワー

基本モノクロですが、注意点をインパクトのある赤のようなカラーにして挿入してくれているのが
受講者に好評のようです。ただし、テキストが教科書や問題周ほか印刷された教材だけしかないことが
難点かもしれません。