通信講座とWEB講座の違いとは?

さて、前ページでご紹介した「WEB講座」ですが、「それってつまり通信教育のこと?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。
たしかに、通信教育でもWEBで講義視聴をするタイプの講座はたくさんありますよね。

結論から言えば、行政書士試験用通信講座と、ここで言うWEB講座は似て非なるものです。
さっそく、両者の相違点についてご紹介することにいたしましょう。

【やる気の維持、どうしますか?】

行政書士試験対策の通信講座とWEB講座の最大の違いは「サポート体制」にあります。

通信教育であれば、学習ツールの提供の他、モチベーションをアップさせるための施策にも注力されているのが一般的です。
質問応対で講師と直接コミュニケーションをとれたり、専用のSNSを通じて受講者同士が交流できたり、やる気アップのためのコラムやツールが提供されたりと、スクールによって差はあれど様々な工夫が見られます。

一方、WEB講座では、基本的に教材のみが提供され、積極的なサポート体制は準備されていないものがほとんどです。
この場合、モチベーションの維持はどうしても個々に委ねられることになります。

実際に行政書士試験に向けた学習を始めてみると、試験対策上問題となるのはいつでも「やる気の維持」であることを痛感するはずです。
やる気さえあれば、学習がスムーズに進まなくても続けることができますし、続けているうちに道が開けていくこともあるでしょう。

しかしながら、ひとたびモチベーションが低迷してしまえば、途端に学習は頓挫します。
実際のところ、やる気が続かなくて本試験日まで学習を継続させることができなかった(つまり、勉強を始めたけれど受験せず)という受験生も毎年多くいるようです。

【とはいえ、「最低限で良い!」という受験生にはWEB講座が最適】

このように、通信とWEB講座では付加的なサービスの有無に相違がありますが、この点については裏を返せば“通信講座のデメリット”、“WEB講座のメリット”として言い換えることもできます。

あくまで最低限の教材だけが欲しい、他サービスは不要という受験生にとっては、頼んでもいないのにあれこれついてきてしまう通信教育はどうしても煩わしく感じられるものです。
一方、必要なものだけをサクッと提供してくれるWEB講座の方が都合が良いと言えそうです。

皆さんはいかがでしょうか?やる気の維持について、どう対策をとりますか?

行政書士試験対策に向け、通信かWEB講座かで悩んだら、この点について検討されてみると、おのずと答えが見えてくるかもしれません。

通信講座と市販テキストとの違いとは?

行政書士試験対策については、実際のところ「通信も独学もそう大差ないのでは?」と考えている方も多いと思います。

両者の共通項は“一人で学ぶこと”。
教材が提供されて、それをもとにコツコツ勉強を積み重ねていくことになりますが、基本的には自分ひとりでこなしていくことになります。
この点においては、通信も独学も確かに変わりありませんね。

ですが、行政書士試験対策の通信講座と独学との間には、確実な「違い」があります。

その「違い」とは、ずばり「テキスト」
本ページでは、通信講座で提供されるテキストと市販本との明らかな差を解説していくことにいたしましょう。

【重要ポイントの提示のみにとどまるか、もしくは一歩踏み込んでいるか】

行政書士試験対策の通信講座も独学で用いる市販テキストも、最近では「頻出事項だけをピックアップ」といった類のものがぐんと増えています。

出るところだけがまとめられているのであれば、試験対策上効率が良いものと思われがちですが、実はそうとは言い切れません。

例えば、試験によく出る条文のみが分かったとしても、それだけの実力で本試験に通用する実力が養えるかといえば、そうではありません。
実際には、条文そのものがそのままの形で出題されることは滅多になく、“その条文がどのように形を変えて問われるか”“どのようなひっかけが施されるか”等に注目する必要があるのです。

行政書士試験対策の通信講座で提供されるテキストにはこうした点に関する言及がありますが、一方で、独学用の市販本にはそこまでの解説はありません。
当然のことながら、どちらの教材を用いるかによって学習の習熟度、合否が左右されることは言うまでもありません。

【市販テキストを用いる場合にも「講義」は必須】

最近では、「うかるぞ!」シリーズなど市販の人気テキストをメイン教材に用いるWEB講座がぐんと数を増しています。
要するに、市販のテキストに解説講義をつけることで、ひとつの講座としてしまうケースです。

前述の通り、市販本そのものだけでは試験対策を充実させることは不可能です。
独学で気軽に勉強を始めたい、あまり勉強にお金をかけたくない、といった場合にも、比較的手軽にスタートできてリーズナブルなWEB講座の類に注目されてみると良いでしょう。

問題集をポイントにすると? 

行政書士の通信講座では、ほぼ100パーセントに近い確率で問題集が申込者の手元に配送されてきます。
そしてその問題集の中身は、これまたほぼ100パーセントに近い確率で過去問題集を含んでいるはずです。

行政書士の受験では、過去問題集が合格・不合格のカギを握っています。過去問を丹念につくり上げることで、受験者の学力を養成できるのです。

それではいったいどのような過去問題集が、行政書士の通信講座だったらつきものなのでしょうか? 

複数年にまたがって、試験問題を収載
解説が丁寧についている

これらは当たり前ですが、これらに加えて、さらに次のようなポイントにあてはまるほうが、良心的だと評価できますね。

テキストとの連携が緊密である
テキストのどこからどこまでが、その問題と関係が深いパーツなのかが明記されていると、問題を解いたあとにすぐにわからなかったところや間違えたところの穴埋めができますからとても合理的ですね。

問題を解く目安の時間が明記してある
これも大きなポイントです。行政書士の試験本番では、1問1問をわずか数分で解いていかないと到底全問題を解き終わることができません。したがって、それぞれの問題について、理想的な解答時間が書いてあるほうが、試験に備えての予行練習を実践できることになってとてもオトクです。

行政書士の通信講座の過去問は、テキストに負けず劣らず重要性が高い教材です。いい加減な過去問を出している通信講座をつかんでしまうことがないように用心しましょう。

添削をする例としない例の比較

行政書士に限られた話題ではありませんが、通信講座という世界ではずっと前に、添削による教育方法が主流をなしていた時代が長く続いていました。

しかし添削という方法は、現在でもそれなりに採用されてはいるものの、すでに主流からはだいぶ離れています。行政書士の通信講座に絞っても、添削をやっていない講座が当たり前のように流行っている時代なのです。

添削という方法には、講師が受講者の出来栄えを直接確認できるというメリットがありますね。間違えているところが見つかったときは、赤字等ではっきりとその点を指摘することだってできます。また、通信の受講者に対して勉強をすることを促進したり、受講者に定期的に刺激を与えたりする効果もあります。

ただし、この方法には限界があります。行政書士の受験期間は長いようで短いものですが、その間に添削を行う回数はそんなに多いとはいえません。添削指導は、直接講師と受講者が顔を合わせられないという欠点を補うために実施されてきましたが、教室での指導と比べると、やはり分が悪いことは否めません。

現在は、メディア教材等を用いたやり方で簡単に受講者に対してテストを実施できる時代になりましたし、受講者に対して添削以外にいろいろなルートで連絡やアプローチをとれます。添削以外の方法でかなりの行政書士試験合格者を輩出している通信講座が実際にある時代に変わっているのです。

メールマガジンもよく発行されます

行政書士の通信講座は、受講者に向けていろいろな手段を利用して情報を届けたり学習の能率を高めたりと毎年頑張っています。直接、教室で講師と受講者が対面できないというハンデをカバーするために、どこの通信講座会社も知恵を絞っているわけですね。

そんな中、行政書士の通信講座で近年よく見かけるようになったのがメールマガジンでしょう。メールマガジンの発行は、原則としてたったひとりで受験勉強に集中しなければならない受講者たちに、最新情報やアドバイス等を届けられる点が最大の強みです。

メールマガジンだけで行政書士の通信講座の成果に大きな影響が出ることはまずありません。ただし、法改正関係の情報のような合格に直結する情報がいち早く届けられるといった事態もありますから、無下にはできないでしょう。

もっともメールマガジンは、元来濃密な情報ばかりを盛り込んで送信するものではないでしょう。日常的な雑談等を差し挟みながら、大事な話題に切り込んでいくのが模範的なメルマガというもの(この点は、マーケティングの観点からもはっきりと立証されています)。したがって軽い話題や何気ない無駄話があちこちに混ざっていてもそれでかまわないことになります。最初から最後までがすっきりとした構成になっていることや、大事な情報等がどこにあるのかわかりやすい構成になっていることが、レベルの高いメールマガジンと呼べるでしょう。

せっかく送信されてくるのですから、必ず全文を1回は目を通すようにしたいものです。緊張が適度に緩むような軽妙なネタが混ざっていたり、行政書士受験に関する重要な話題が読みやすく入っていたりするメールマガジンを出してくれる通信講座は、教育事業者として優秀でしょう。

行政書士講座は合格率で比較できない理由がある? 

行政書士の通信講座を選ぶときに、
「判断基準に絶対になりそうなのに、意外とそうでもない基準」があります。

答えから先に書いてしまうと、それは「合格率」のことです。
つまり、そこの行政書士受講者がどれくらいの合格率に達しているのか。
その点を調べて判断するという選び方をやっている人は世間には見つからないのですね。

確かに現在の行政書士の通信講座を見比べるとわかりますが、
残念ながら合格率がなかなか発表されていません
つまり、「合格率では、選びたくても選びようがない」というのが真相に近いです。

どうして自社の講座の合格率を発表している通信講座が出てこないのでしょうか? 

・なかなか正確に調査できない可能性
このあたりは、会社によってバラバラでしょうし、何とも言えないですね。
行政書士試験の合格発表直後にアンケート等を行うことは可能ですが、
協力してくれる受講者がじゅうぶんには集まらないケースもあるでしょう。
また、何らかの理由で毎年調査を行う余裕がないケースもあるかもしれません。

・大々的に公表できない結果になっている可能性
合格者と不合格者を調査した結果、高い合格率に達していないために
発表を見合わせている可能性、という意味です。これは業者にとっては不名誉なことでしょう。
このような業者がどれくらいいるのかは想像するのも難しいですが、
確実にいることは残念ながら否定できません。

※そんな風潮があるいっぽう、
 毎年はっきりと、合格率を発表している業者も皆無ではありません
 例として出せるのはフォーサイトでしょう。
 毎年合格率をはっきりとした数字で公表していますね。
 その数字が、全国平均の合格率と比べて上である点は一部で高く評価されています。

質問対応におすすめの通信講座

■エル・エー

Webの上から、いつでも質問を受け付けています。担当の講師が直接回答をすることになっています。
また、Web環境を持っていない場合は質問カードを郵送する方法も使えますし、日時の指定はありますが
直接講師と話しながら答えてもらえる電話質問制度も使えます。

■大原

質問をするときにまったく予約が必要ありません。質問をする回数に制限がなく、料金もかからないシステムのため
気兼ねせずに、納得できるまで何回でも質問できます。メール・FAX・電話等で回答をもらえます。

■クレアール

講師や合格者チューターが、質問を受け付けて回答を返送するシステムを採用しています。質問用紙が専門に
用意されているほか、メールでの送信もOKとなっています。

行政書士講座の費用が負担になる場合の救済策

行政書士の通信講座でよく話題になるのは費用の違いです。
行政書士の資格に関心を持つ人の大半は、仕事や進路のことで迷っている人でしょう。
中には、失業している人や就職・転職活動中の人もたくさんいるでしょう。
結局、経済的に余裕がないという人が多いのかもしれません。

とはいえ、最近は費用をいきなり全額用意する必要があるとは限りません。
むしろ、最初に申し込む段階では、費用全額を支払わなくてもよいことが増えています。
ようするに「分割払い」ですね。

クレジットカードを利用する場合をはじめ、少額で分割できるケースはとても多くなっています。
何万円~10万円以上という場合でも、
リボ払いを選んだり10回を大きく超える回数で分割払いにしたりすると、
毎月の支払い額が5000円を割る計算になることもザラにあります。
これだったら、フリーターやニート、学生や失業者等であっても問題なく払えるでしょう。

また、公的なサポートを受けられるケースもあります。
これは審査に時間がかかることもありますし、あとからの給付になるため
最初は費用を自分で出さないといけません。
しかし、ハローワークが管轄している「教育訓練給付金制度」を利用すると、
条件を満たしてさえいる受講者なら、行政書士講座でかかる学費の2割
(最大で10万円まで)を立て替えてもらうことができます。この制度はまだ拡大中であって、
今はまだ対応していないスクールや通信講座でも参入に踏み切る可能性があります
(気になるなら、直接その行政書士講座に問い合わせてみるのもいいでしょう)。

質問対応におすすめの通信講座

■エル・エー

Webの上から、いつでも質問を受け付けています。担当の講師が直接回答をすることになっています。
また、Web環境を持っていない場合は質問カードを郵送する方法も使えますし、日時の指定はありますが
直接講師と話しながら答えてもらえる電話質問制度も使えます。

■大原

質問をするときにまったく予約が必要ありません。質問をする回数に制限がなく、料金もかからないシステムのため
気兼ねせずに、納得できるまで何回でも質問できます。メール・FAX・電話等で回答をもらえます。

■クレアール

講師や合格者チューターが、質問を受け付けて回答を返送するシステムを採用しています。質問用紙が専門に
用意されているほか、メールでの送信もOKとなっています。

行政書士の通信講座はタイプによって費用が変わる? 

行政書士の通信講座について、他のページで切り口を変えながらたっぷりと説明している
本サイトですが、ここでいまどきの通信講座の世界全体を見渡した場合に
浮かび上がってくる傾向を1点ご紹介したいと思います。

行政書士の通信講座は、大きくふたつに分けられると思います。
・資格の学校が開設している通信講座
・通信教育しかやっていない会社の講座

この2種類も、当然会社によってやっていることはバラバラですね。
しかし、かなり共通してあてはまる傾向があるのです。それは何でしょうか? 

それは「資格の学校がやっている通信講座は、あまり受講費用を安くできない事情がある
という点です。

もちろん、通信教育だけの会社を見ても、高い場合はありますね、
よくある通学講座のように、10数万から20万円台の費用を取られるところもあります。
しかし、通信教育だけの会社の場合、フルで受講しても
10万円を大きく割るケースがけっこうあるのです。

では資格の学校が設けている通信講座の場合、ほぼ間違いなくそれができません。
そこには大きな理由があります。
通学講座より大幅に費用を安くしてしまうと、その通信講座に受講者が集中してしまうから
です。

学校では当然、通学講座が収入の中心です。その通学講座ですが、
行政書士を教えられる講師を雇ったり場所を用意したりとどうしてもコストがかかります。
そのためあまり安くはできません。
そしてその通学講座との間で費用の差をつくれない以上、
通信講座もどうしても高めになってしまうというわけですね。

この点は、よく行政書士の通信講座を観察していればわかってくるのですが、
どういうわけかあまり気が付いている人は少ないようですね。
講座を決めていない場合は、その点もよく頭に入れたほうがいいでしょう。

質問対応におすすめの通信講座

■エル・エー

Webの上から、いつでも質問を受け付けています。担当の講師が直接回答をすることになっています。
また、Web環境を持っていない場合は質問カードを郵送する方法も使えますし、日時の指定はありますが
直接講師と話しながら答えてもらえる電話質問制度も使えます。

■大原

質問をするときにまったく予約が必要ありません。質問をする回数に制限がなく、料金もかからないシステムのため
気兼ねせずに、納得できるまで何回でも質問できます。メール・FAX・電話等で回答をもらえます。

■クレアール

講師や合格者チューターが、質問を受け付けて回答を返送するシステムを採用しています。質問用紙が専門に
用意されているほか、メールでの送信もOKとなっています。

行政書士の通信講座の比較を、質問のしやすさで行ったら

行政書士の通信講座の比較をするときに、忘れないほうがいいことに、質問とその回答のシステムがあります。

通信講座では、行政書士に限ったことではないのですが、質問をすぐにその場でできないという難点がありますね。
誤解しないでほしいのですが、「質問をすることができない」という意味ではありません。
質問をすれば回答をもらえるシステムになっている通信講座が今は多いのですが
学校と違って、目の前に先生がいないですから、
「聞きたくなったときに聞きにいって、その場で回答をもらうようなわけには行かない」、という意味です。

行政書士の通信講座に比較をするときは、質問がどれくらいできて、回答はどのようにもらえるのかも
念のため確認したほうが、受講後に後悔をしなくて済みます。

しかし比較といっても、だいぶ質問が便利になっていることは明記しておきたいですね。
行政書士の通信講座の各社も、この弱点についてはずっと前から問題視していたため、
それぞれ個別に解決策を講じています
Web配信をやっている通信講座なら、Web受講中にそのまま質問できるフォームが設けられていることもありますし、
メールで気軽に応えてもらうことだってできます。

そして、従来通り添削の受け取りと同じ要領で、郵送で回答をもらうことも普通に行われています。
また、電話での受付をやっている行政書士の通信講座もありますね
(比較をしていると、これが認められる講座はめったにないことがわかります)。ただし、電話の場合、先生の都合もあるので時間が区切られることが多いですが。

質問とその回答、の一連のサポートについて、行政書士の通信講座の比較を行った結果、
「優れている」と判断できる通信講座をご紹介しておきます(行政書士の比較うんぬん以前に、他の資格の講座でも
質問しやすい講座ばかりになりましたが)。

質問対応におすすめの通信講座

■エル・エー

Webの上から、いつでも質問を受け付けています。担当の講師が直接回答をすることになっています。
また、Web環境を持っていない場合は質問カードを郵送する方法も使えますし、日時の指定はありますが
直接講師と話しながら答えてもらえる電話質問制度も使えます。

■大原

質問をするときにまったく予約が必要ありません。質問をする回数に制限がなく、料金もかからないシステムのため
気兼ねせずに、納得できるまで何回でも質問できます。メール・FAX・電話等で回答をもらえます。

■クレアール

講師や合格者チューターが、質問を受け付けて回答を返送するシステムを採用しています。質問用紙が専門に
用意されているほか、メールでの送信もOKとなっています。

行政書士の通信講座の比較で、フォローの体制を重視するなら

行政書士の通信講座は、各講座の比較とは関係がないことですが
あくまでも自宅で勉強をするのが原則となっていますね。
言い換えれば、孤独な勉強の繰り返しになるという意味では、独学とあまり違いはないことになります。

好きな時間に好きなだけ勉強はできることが強みですが、やはり孤独を感じることはあるでしょうし、
かつての行政書士の通信講座では、そのことが弱点のひとつのように(特に、通学による勉強を比較して)
見られていたこともありました。

つまり、せっかく自分からお金を払って申し込んでいるにもかかわらず、
勉強に打ち込めなくなって脱落していってしまう人たちが多くなる原因にもなっていたからです。

行政書士通信講座の各社もそのことはずっと前から大きな課題だととらえ、
学校等と持ち味の比較を熱心に研究を重ねて、どうすればいいだろうと試行錯誤を繰り返した結果、
現在では行政書士の学校に通っている受講生と比較をされても負けないくらい、
自社の通信講座のフォローアップ体制を充実させています。

現代はインターネットがすみずみに普及しているため、フォローアップは本当に便利になりましたね。
Web上にフォローアップ体制をつかさどるシステムをつくれば、
通信講座であっても学校と比較をされても見劣りしないサポートができますし、行政書士においても
それは実際に活発に行われています。

ここでは、行政書士の学校と比較をされても遜色ないフォローシステムをWeb上に持っている通信講座を
厳選してご紹介しましょう。

サポート・フォローにおすすめの通信講座

■フォーサイト

行政書士の受講生を応援するサイトを設置しています。スケジュールや勉強方法等のアドバイスを与えてくれます。
勉強の記録をつけたり他の受験者と競い合ったりすることでモチベーションを高めるコンテンツが豊富です。

■大栄総合教育システム

大栄総合教育システムはWebサポートに本腰を入れていることで有名な通信講座です。自分専用のスペースを
持てるほか、さまざまな連絡ごとや情報の送付等の特典を受けることができます。

■ユーキャン

ユーキャンには「学びオンラインプラス」というWeb上のサポートがあり、レッスンの要点を再確認できる
メニューや簡単なテストをその場で受けられるメニュー等が人気です。モバイルでも使用可能です。