行政書士の通信講座で、短期合格を狙えると評判の教材

行政書士の通信講座は、数がとにかく増えたため、
自然淘汰のプロセスを経て自然と評判のいい講座が
残っているような兆しもあります。

どんな特徴が、いい評判に結びついているのかは
その行政書士の通信講座しだいなところもあるのですが、
行政書士の通信講座の評判の中にはときどき「期間をかけなくても合格することができた!」
といった声が混ざっていますね。
それも毎年の合格者の歓声の中には必ず一定量混ざっています。

行政書士の通信講座の中には、本当に「短期間での合格を目指せるコース」が存在しますし、
評判のいいものの中には、
その実現度も悪くないものが確かに多いようです。

行政書士の試験は年に1回ですから、どんな勉強法でも勉強計画は長くて1年ですね。
しかし難しい試験ですから、ほんの数ヶ月では合格は簡単にはできません。

とはいえ、いつ行政書士の試験受験を志すかはバラバラですし、タイミングによっては
試験の日までたっぷりとした勉強時間がとれないこともあります。
通常の行政書士の通信講座は、基礎からはじめて試験対策まですべての分量を調節しながら盛り込むのですが、
希望者によってはそれを全部やっている時間がありません。

そこで、最小限の勉強時間で首尾よく合格まで
持っていけるようなカリキュラムも需要がありますよね。
短期でのスピード合格も夢ではない行政書士の通信講座の評判は、
やはり高くなる傾向があるのですが、
どんな行政書士の通信講座がその意味でいい評判を勝ち得ているか、見てみてください。

短期合格を狙えるおすすめの通信講座

■フォーサイト
フォーサイトの「基礎講座」と「過去問講座」は、効率よく必要な知識を短期間で身につけることを 実践するほか、本試験での問題の傾向や、その解き方についてピンポイントで身につけられるように つくられていて、セットにすることで何重もの効果を味わえます。
■クレアール
クレアールの「スピードマスターA・Bコース」は、合格に必要な知識の吸収と、本番の行政書士の試験で 上手に解答用紙を埋めていけるような力を獲得することを中心にしているカリキュラムです。
■エル・エー
エル・エーの「スピード合格コース」は、満点を目指すのではなく確実に合格ラインを超えることを目標に、 50数回の講義だけで合格を目指せるように組まれています(50数回というとけっこうな長時間に 思えるかもしれませんが、あっという間に過ぎていくのが実情です!)。