行政書士の通信講座で出ているDVDはこのタイプだと見やすい

行政書士の通信講座は、「ただ教科書や問題集が送られてきて、解いてみた問題を送り返して
添削をしてもらうような方法しかできなかった時代」とは、がらっと変わっています。

現在は、スクールにでも通って教わっている人たちと
ほとんどかわらない勉強をすることができますね。
それを実現するいい手立てとなっているのが、
今や行政書士通信講座の主流の教材となっているDVDです。

行政書士の通信講座の教材ではDVDはもはや当たり前の存在となっていますが、
それを比較するとなると、
どんなチェックポイントが考えられるでしょうか。

たとえば、行政書士の学校が、通信講座もかねてDVDを配布している場合と
そうでない場合の違いがあります。
学校が通信講座の運営もかねている場合、
学校でやっている行政書士の授業をそのまま収録してDVDにして
配っている場合は、もちろんその先生のレベルによっては非常に意味があります。

レベルの高い先生の場合は確かにDVDで
その講義を目にするのも悪いものではありませんが、
行政書士の通信講座のDVD全体を通じていえることは、
「ただ講義の内容を撮影しただけでは、わかりやすいとは限らない」ということですね。

行政書士の学校の講義を撮影してそのままDVDに入れて通信講座用にしているだけでは、
その場にいて見聞きしている気分は味わえますが、無駄な場面等も多くなってしまいます。
それに話の内容や板書の内容をノートに取るのも楽ではありません。

通信講座では、それ専用の撮影をしているもののほうが
もっとまとまっていてわかりやすいこともあるのです。

おすすめの通信講座のDVD講義

■フォーサイト
専用スタジオで撮影しているため、視聴する受講者にとって見やすい距離や証明の下で講義が行われるスタイルに なっています。必要なときにテキストの該当ページや、テロップ等の形でポイントとなる部分が 背景にクローズアップされるスタイルになっていることも、わかりやすさの大きな理由となっています。
講師の説明に無駄な雑談や小休止等がいっさいないこともあって、無駄のないDVD視聴と試験勉強を することができるようになっています。
■ヒューマンアカデミー
スタジオで収録している講義をDVDの中で再生することができます。テキストの内容との連動性も高く、 復習や予習もやりやすいという声が多いのが大きな特徴となっています。
■キャリアカレッジジャパン
通学しているのと同じくらいの熱さの講義を受けられる、と人気の通信講座です。しかし学校でただ 収録しているわけではなく、受講者が見やすい設備で撮影されています。チャプター機能もついていて 要領よく勉強できる仕組みです。