行政書士の「実務講座」が、通信講座で登場しています

行政書士の通信講座が多様化している時代ですが、中には合格者をターゲットにしたサービスを展開しているところがあります。

行政書士といえば、基本的に開業向けの資格です。行政書士にも、資格を与えられてからどこかに就職するという選択肢はあります。しかしそれはかなり少数派のコースです。

したがって毎年おびただしい行政書士開業者が誕生しているのですが、その中でうまくいく人とうまくいかない人の違いが発生します。言い換えますと「勝ち組・負け組」ということになります。

ところでこのような現実を、新たな行政書士向け講座のアイデアにしている業者がいます。行政書士になった人向けに「実務講座」といったふれこみで仕事のやり方等を指導する講座を開講しているのです。


【実務講座があると、仕事のやり方がわかってお得?】


これらは確かに貴重な機会となる可能性があります。行政書士は、どこかの行政書士法人事務所等にもぐりこんで仕事のやり方を学べることだってあります。しかしそれはごくひと握りにしかできません。大方の行政書士は合格・登録を済ませたらいきなり、たったひとりで飛び立たないといけないのです。

したがって、現実的な仕事の内容を教えてもらえる講座があるのは理にかなっています。もっとも、講座で教えられるのはあくまでも基本的なことばかりです。試験勉強とは違い、実務は自身が経験していかないことには身につきません。つまり、行政書士の実務講座はものすごく頼りにできるものではありません。

もともと行政書士の連合会は各地で、新米行政書士を対象にした研修会を定期的に開いています。これらに比べて、実務講座の中身が格段に上回っているわけではありません。あくまでも実務講座は、参考程度にするべきでしょうし、お金がないときに無理に受講料をつぎ込んで受けるものではないでしょう。