完全にオンラインだけで受講できる、行政書士の通信講座

行政書士の通信講座は、1年経過するごとに進歩しています。 競争が激しいことで、健全な形で質が向上していることは、とても歓迎するべきことでしょう。

その結果、最新の通信講座は一段とオンラインでの展開に一生懸命になっています。ネットの世界は従来進化が急激ですから、インターネット上のサービスに力がこもるのは、おそらく自然な流れでしょう。


【インターネットのヘビーユーザが多い時代の「申し子」のような通信講座!】


そして、オンラインで完全に行政書士の指導が終わってしまうタイプの講座が登場しています! 

まだ数は少なめですが、1社や2社ではありません。
社ごとの持ち味があるのですが、共通しているのは……
・スマホやアイパッドだけですべてが見られるようになっている
・視聴時間に工夫があって、受講者が少しずつ見たり繰り返し見たりができるようになっている
・紙のテキストや問題集を排除してしまった


【全部をネットの上でやる講座には、マイナスの要素はないの? あるの?】


行政書士の試験は、基本的に筆記試験だけであり、しかも選択問題を中心に出題内容が構成されます。このような特徴には、オンラインでの学習というやり方は合っていると思われます。
しかし、完全にオンラインでやればいいとまでは言い切れないでしょう。
ずっと画面ばかりを凝視しながらの勉強が体質的に・精神的に合わないという人はいます。
また、通信環境に左右されてしまうという問題も相変わらず存在します。

現時点ではまだ、Web媒体やデジタル媒体の学習方法と同時に紙媒体の学習方法とセッティングされている通信講座のほうが汎用性では分があるといえるでしょう。