行政書士講座は合格率で比較できない理由がある? 

行政書士の通信講座を選ぶときに、
「判断基準に絶対になりそうなのに、意外とそうでもない基準」があります。

答えから先に書いてしまうと、それは「合格率」のことです。
つまり、そこの行政書士受講者がどれくらいの合格率に達しているのか。
その点を調べて判断するという選び方をやっている人は世間には見つからないのですね。

確かに現在の行政書士の通信講座を見比べるとわかりますが、
残念ながら合格率がなかなか発表されていません
つまり、「合格率では、選びたくても選びようがない」というのが真相に近いです。

どうして自社の講座の合格率を発表している通信講座が出てこないのでしょうか? 

・なかなか正確に調査できない可能性
このあたりは、会社によってバラバラでしょうし、何とも言えないですね。
行政書士試験の合格発表直後にアンケート等を行うことは可能ですが、
協力してくれる受講者がじゅうぶんには集まらないケースもあるでしょう。
また、何らかの理由で毎年調査を行う余裕がないケースもあるかもしれません。

・大々的に公表できない結果になっている可能性
合格者と不合格者を調査した結果、高い合格率に達していないために
発表を見合わせている可能性、という意味です。これは業者にとっては不名誉なことでしょう。
このような業者がどれくらいいるのかは想像するのも難しいですが、
確実にいることは残念ながら否定できません。

※そんな風潮があるいっぽう、
 毎年はっきりと、合格率を発表している業者も皆無ではありません
 例として出せるのはフォーサイトでしょう。
 毎年合格率をはっきりとした数字で公表していますね。
 その数字が、全国平均の合格率と比べて上である点は一部で高く評価されています。

質問対応におすすめの通信講座

■エル・エー
Webの上から、いつでも質問を受け付けています。担当の講師が直接回答をすることになっています。 また、Web環境を持っていない場合は質問カードを郵送する方法も使えますし、日時の指定はありますが 直接講師と話しながら答えてもらえる電話質問制度も使えます。
■大原
質問をするときにまったく予約が必要ありません。質問をする回数に制限がなく、料金もかからないシステムのため 気兼ねせずに、納得できるまで何回でも質問できます。メール・FAX・電話等で回答をもらえます。
■クレアール
講師や合格者チューターが、質問を受け付けて回答を返送するシステムを採用しています。質問用紙が専門に 用意されているほか、メールでの送信もOKとなっています。